どんなものが作れる?自分で作れる電気製品について知ろう


豆電球やラジオは初心者でも作れる

学生の頃に理科の実験で豆電球を作ったという経験を持っている人もいるのではないでしょうか。あの理科の実験で使われる豆電球は小さなものですが、家庭で利用する豆電球も仕組みは同じです。複雑な仕組みではないので、初心者でも簡単に自作できる電気製品だと言えます。ラジオも中身の構造は複雑なものではないので、部品を集めることができれば初心者でも簡単に自作できます。豆電球やラジオで使用する部品は高額なものではないため、予算が少なくても自作ができるという利点もあります。

デスクトップパソコンも自作できる

パソコン好きの人が自作していることが多いのが、デスクトップパソコンです。家電量販店で売られているデスクトップパソコンは既に組み立てられているものであるため、自分好みのデスクトップパソコンではない可能性があります。デスクトップパソコンの自作を始めれば、自分の好きなメーカーの部品を集めてオリジナルのデスクトップパソコンを作ることができます。デスクトップパソコンの自作方法を覚えてしまえば、いつでもパソコンのスペックをアップグレードできるようになるでしょう。デスクトップパソコンの自作はパーツの価格がネックになります。1つのパーツを買うだけでも高額な費用が必要になるため、お金に余裕がある人に向いていると言えます。

自動システムを搭載したものも自作できる

複雑な構造の電気製品も自作できるようになれば、トイレの自動消灯装置や掃除機といった生活に役立つものも作れるようになります。仕組みを分かっていればセキュリティシステムも自作できるようになるでしょう。セキュリティ装置を自作できれば、自分好みのシステムが搭載された防犯装置を自宅に設置できます。

PCになくてはならないパーツ、それはプリント基板です。様々な電子部品をのせる板でありPCの性能の優劣を決める重要パーツです。そしてこの板を設計する仕事の事を、プリント基板設計、と呼びます

Related posts